医者

腎臓病や肝臓がんなど日本人に多い病気│ヘルサポ健体ナビ

生存率の低いがん

病棟

すい臓がんはあらゆるがんの中でも死亡率の高いがんとなっています。すい臓がんの検査には、血液検査や画像診断が用いられていますが、初期の場合であれば画像検査を利用する場合がほとんどです。

読んでみよう

増加傾向にあるがん

悩み

がんの中でも進行してからしか気付かないと言われているのが肝臓がんです。人によっては末期の段階で気付くという人もいます。肝臓がんは外科手術をすることによって、確実に腫瘍を無くすことができます。

読んでみよう

知られていない病気

女性

がんが転移することによって発症する病気に癌性胸膜炎があります。この病気の症状は風邪の症状をかなり似ている為、なかなか病気に気づきにくいのが特徴です。癌性胸膜炎は胸膣ドレナーシと呼ばれる治療方法で改善していきます。

読んでみよう

病気と賢く向き合う

看護師

定期検診は重要

病気というのは知らずのうちに発症していることがほとんどです。特に食生活が変化した現代では、脂分の多い食事や飲酒、喫煙によって病気リスクも高まっているのです。特に日本人の中でも発症する人が多いと言われている病気ががんです。がんにもすい臓がんや肝臓がんと様々ながんがありますが、どのがんにしても死亡リスクがあるので危険性は高い病気と言えます。がんに限らず、多くの病気は普段の生活習慣が原因となって発症してしまいます。発症リスクをできるだけ下げるためにも、毎日の食事や運動には気を付けておくのが良いでしょう。また、病院の定期検診を受けておくのも病気の早期発見や早期改善に繋がります。定期検診を受けることによって、初期症状の現れにくいがんや腎臓病といった病気を初期段階で発見することができるのです。

医療も進歩している

あらゆる病気の中でも食生活が原因となって発症する病気の1つに腎臓病があります。腎臓病の場合、まずはじめの治療として食事療法が行なわれます。タンパク質や塩分を制限した食事をする必要があり、食事療法を続けることによって病気の進行予防し、健康的な身体へと改善していくことができるのです。こうした食事療法に加えて、病院では人工透析や薬物療法などが行なわれています。人工透析は、血液透析と腹膜透析の2種類がありますが、国内で最も多く行なわれているのが血液透析と言えるでしょう。透析治療をする場合、1週間に3回程は病院に通う必要があります。薬物療法では、血液を下げる薬や尿毒症を予防する薬、貧血予防の薬などを利用して病気を改善していきます。病院によって処方される薬は違ってきますが、どの病院においても食事療法を並行して行なうことが義務付けられるでしょう。