医者

腎臓病や肝臓がんなど日本人に多い病気│ヘルサポ健体ナビ

増加傾向にあるがん

悩み

気づきにくいがん

様々ながんの中でも現在国内で増加傾向にあるのが肝臓がんです。肝臓がんの場合、はじめからがん細胞が肝臓で発症するケースだけでなく、他のパーツから転移して発症するケースもあります。肝臓がんの場合、がんにかかっていても症状が現れにくい為、ほとんどの人ががんにかかっていることに気付かないと言われています。人によっては、手術でも手に負えない程進行して初めて気付くというケースもあるのです。肝臓がんにかかることによって発熱や意識障害などが発生する場合もありますが、この時にはかなりがんが進行していることがほとんどです。その為、がんにかかりやすい年代になったら、定期的に病院で検診を受けておくのが良いでしょう。

治療方法を知ろう

肝臓がんの場合、腫瘍となる患部を摘出することが根本的な改善方法と言われています。また、昔に比べると、がんの外科手術で利用する医療機器の技術進歩や麻酔の進歩によって治療成功率もアップしていると言われています。手術による死亡率も1パーセント前後となっているので、安心して外科手術を受けることができると言えるでしょう。通常、がんの治療には放射線治療などが用いられますが、肝臓がんの場合、放射線治療は向いていないと言われていした。放射線を浴びることによって肝機能が低下する可能性があるのです。しかし、最近では身体の負担が少ない放射線治療も誕生しているので、肝臓がんでも放射線治療を利用することが増えてきています。